大きな買い物をした時お金を借りる

私は倹約家で毎月貯金するタイプなので、お金が必要になり借金をするというようなことはありません。

それに物欲もあまりないので、借金してまで買いたいと思えるものがないのです。

そんな私がもしお金を借りるのだとしたら、それはきっと家や車など大きな買い物をした時でしょうね。

家や車はさすがに一括では支払えません。

しかしローンを組むと手数料を支払わなければならなくなるので、トータルで一括の支払いより高くなってしまいます。

それにローンに縛られて生活するのはなんだか苦手なので、大きな買い物をする時に限ってはお金を借りるかもしれません。

できれば両親から借りたいですが、貸してもらえない場合には利息の低い銀行で借りることになるでしょう。

お金を借りる方法の常套手段

ある程度まとまったお金を借りる方法として、よく知られているものは以下の方法です。

この方法は心理学系の本とかに書いてあるイメージがあります。

まず少額のお金を借りて、それを期日通りに返す。これにより、相手に対し、こいつはしっかり金を返す奴だ、という信用を植え付ける。

その上で、実は、少しまとまったお金を貸してほしいのですが、と切り出します。

こうすることで、同じ額であるにもかかららず、いきなりまとまった額を借りようとしたときに比べて、借りることのできる可能性が高くなるというのです。

法に守られているとはいっても、貸した貸さないの争いはやはり面倒であるし、知人同士などでは証拠が集まりにくいものでもある。貸し借りは信用ということでしょうか。

お金を借りるイメージはいいものではない

私が子供のころに父が家で商売をしていましたが、その商売が儲からないしキツイといって母親は文句を言っていました。

そんな親は毎日のように口論してた記憶があります。

母親は結局は父の商売に協力的でなく友人と飲みに行って朝方に帰ってくることがありました。

親はそのことでも喧嘩が絶えませんでしたので結局は離婚して、母親が家をでていったのでした。

その後に母親の友人と名乗る人から飲み代を貸してるので返して欲しいと言われて、父親が返済していました。

私はそのころからお金を借りることはいいことではないなと子供ながらに思っていました。

なので、高校生になっても友人同士でもお金の貸し借りはしたことがなかったです。

OLになってもお金を同僚から借りたこともないです。

一度借りたら最後のイメージ

お金を借りるというと何処から借りるのかという事をまず思い浮かべます。
まずは両親など知人からなのかもしれません。

しかし、経済的に頼れない場合に思いつくのが消費者金融です。

アコムマスターカードといえば気軽に借りれそうなテレビCMのイメージがありますが、実際は利子が高かったり、期限内にお金が用意できなくて他の消費者金融から再度借りなければいけなくなり最終的に借金地獄になるのではないかと思い気軽には借りられないのが現実です。

特に必要なお金が少額の場合は消費者金融以外に方法はないのかと思ってしまいますが、我が家のように主人しか働いていない場合に主人が倒れて治療費が必要になった時など保険だけでは賄えない時は借りるしかないのかなと思ってしまいます。

未来への投資ならば借金も良し

お金は極力借りたくありません。返さなければならないからです、当たり前ですが。

そして正直、キャッシングに対してはあまりいいイメージがありません。

借金苦で自殺したり夜逃げしたり、そんな話が多いからかもしれませんね。

ただし人生においては、人からお金を借りなければできないこともあるものです。

ギャンブルなどで借金をするなどは論外ですが、希望と志を持って何か 事業を始めるとか、大学に進学したい、あるいは留学をしてその知識を将来に生かしたい、などという場合に借りるお金は「明るい借金」といえるのではないで しょうか。

 

明るい借金は、未来への投資ということでフルに使いこなすべきです。
そしてそれで得たものは社会へ返します。もちろん借りたお金はしっかり返さなければなりません。

 

借金という重い響きは、未来への必要投資として考えれば、希望のある響きに変わると思います。